So-net無料ブログ作成
検索選択

火打山へのタフな日帰り登山(笹ヶ峰登山口〜高谷池〜山頂)【日本百名山】 [新潟県の山]

今年初の本格登山は、高層湿原のある火打山をチョイスしました。
標高2462mの火打山は、新潟県の頸城山塊(くびきさんかい)にそびえる日本百名山。
残念ながら天候には恵まれず、多少消化不良の山旅となりました。
そして登山道は急登と木道がまんべんなく続く、想定以上にタフな日帰りルートでした。

IMGP0921.JPG

笹ヶ峰登山口メモ


■ アクセス:県道39号線を30分ほど進む。狭いが舗装されておりいやになるほどではない。

■ 駐車場:無料 100台以上

トイレ:あり(水洗、紙あり)

■ 自動販売機:あり

■ 備考:登山届提出用の紙あり、下山届も必要


コースタイム


■ 実コースタイム:

  登り4時間15分【8:50-13:05】

  下り3時間25分【13:25-16:50】

登り:
笹ヶ峰登山口-(40分)-黒沢渓流-(30分)-十二曲がり尾根出合-(50分)-富士見平-(35分)-高谷池ヒュッテ(休憩30分)-(25分)-天狗ノ庭-(25分)-雷鳥平-(30分)-火打山山頂
下り:
火打山山頂-(60分)-高谷池ヒュッテ-(85分)-十二曲がり尾根出合-(60分)-笹ヶ峰登山口

見どころ


高谷池池塘、天狗ノ庭、雷鳥平

IMGP0872.JPG
 高谷池池塘:高山植物の宝庫

IMGP0889.JPG
 天狗ノ庭:天気がよければ逆さ火打山が望める

IMGP0913.JPG
 雷鳥平:日本最北端のライチョウ生息地

火打山登山道の高山植物、花


 ミヤマシャジン、ミョウコウトリカブトなど。精神的な余裕がなくあまり撮れませんでした。

DSCF5140.JPG
 ミヤマシャジン:十二曲りにて

IMGP0900.JPG
 ミョウコウトリカブト:雷鳥平付近にて

IMGP0936.JPG
 サンカヨウの実:食べられるみたいですね。高谷池付近にて

IMGP0883.JPG
 なんのつぼみでしょう??:天狗ノ庭周辺にて

登山ルートメモ


【2015年8月23日 午前7時】
妙高高原インターを降りた時には一面の濃霧。
登山中止も考えましたが、とりあえず登山口まで行ってみることに。
火打山の登山口までは県道39号線を進みます。
道幅の狭い舗装路ですが、対向車とすれ違えるポイントは多いです。
しかし学生のランニング練習コースになっているようで運転にはより注意が必要です。
笹ヶ峰登山口に到着したのは結局午前8時。
登山口に到着すると霧が晴れ、雲の切れ目から晴れ間も見えてきてちょっとモチベーションが上がりました。

IMGP0808.JPG

駐車場で朝食と着替え、トイレも済まして準備完了。
登山口で登山届を提出して8時50分にいざ出発!
ちなみにこちらは下山届も提出するようになっています。
下りたら忘れずに提出しましょう。

DSCF5130.JPG

IMGP0818.JPG

始めはひたすらの木道歩きが続きます。
出発が遅くなってしまったのでペースを上げます。

IMGP0820.JPG

40分ほど歩いて、黒沢渓流にかかる橋を渡って一段落。

IMGP0821.JPG

IMGP0825.JPG
 綺麗な渓流に橋がかかっています。

次に待ち受けるのは十二曲がりと呼ばれる12回ジグザグに曲がる急登です。
天気がよいと北アルプスを遠望できるそうですが、この日は一面雲に覆われておりました。

IMGP0829.JPG

気を引き締めて望みましたが、意外にも結構あっけなく十二曲がりを登り終え、一休み。
この辺りでだいたい3分の1くらいです。

DSCF5142.JPG

名のある難所を越え、ここからの尾根歩きは楽になるのかと思いきや、
更に気の抜けない急登がしばらく続きます。

IMGP0842.JPG
 富士見平の分岐

傾斜が少し楽になると現れる富士見平と呼ばれる分岐で、火打山方面へ。
まっすぐ進むと妙高山の登山ルートになります。
ここでようやく晴れ間が見えてきました!

IMGP0846.JPG
 晴れ間が見え自然と歩みが軽くなります。

高谷池ヒュッテまで2時間半


高谷池ヒュッテに到着したのは、登山開始から2時間半くらい。
ここまでで行程の3分の2くらいです。
トイレもあり、小腹が空いたのでおにぎりを食べ、30分たっぷりと休憩しました。
DSCF5150.JPG

ヒュッテの近くには池塘が点在しています。
テント場の近くには水場もありますが、煮沸が必要です。

IMGP0872.JPG

天狗ノ庭


ヒュッテから20分ほどで天狗ノ庭に到着します。
天狗ノ庭にある池塘では、逆さ火打山が見られます。
晴れ間が見えてきて期待したいところですが・・・

IMGP0887.JPG
  画像左奥が火打山方向。う〜んもうちょっとでした。

天狗ノ庭を越えると尾根道に進み、また高度を上げていきます。

IMGP0907.JPG

火打山の雷鳥平周辺では、30羽ほどの雷鳥が群れですんでいるそうです。
ライチョウは・・・いませんでした。まだ生で見たことないんですよね。

IMGP0913.JPG

雷鳥平からは残り30分ほどで山頂に到着です。

IMGP0921.JPG

4時間15分で山頂到着


山頂まで、4時間15分。結構疲れました。
山頂は比較的広いです。
火打山の山頂からは、遮るものなく妙高山、雨飾山、黒姫山などそして北アルプスが展望できます。
天気が良ければですが・・・
今回雲海に隠れて展望がありませんでしたが、山頂が晴れていたのが唯一の救いですね。
雲の切れ目を狙って展望を待ちたいところですが、帰路も長いので20分間滞在して下山しました。

火打山山頂

IMGP0922.JPG

下りのコースタイムに注意


帰りは来た道を戻りますが、下りのコースタイムには注意が必要です。
本に書いてある下りの標準コースタイムはだいたい約3時間25分ですが、結構ハイペースな気がします。
宿の夕食に間に合わせるため、また途中雨も降ってきたために休憩少なめだったんですけど、ほぼ同タイムでした。
日帰り登山をされる方は、多少余裕を持って計画くださいね。





■最近の足あと■
※マークをクリックすると拡大
Web Services by Yahoo! JAPAN


■スポンサード リンク■



nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 4

ちぃ

お疲れさまでした!(^^)!
山頂で晴れて良かったですね。TVでも見たのですがヒュッテ周辺の池塘
を見てみたいです
by ちぃ (2015-09-03 11:09) 

kazumin

新潟の山なんですね(^^)
山頂晴れ間あって良かったですね♪
雷鳥は見れなくて残念!
紅葉の時期も綺麗でしょうね!
by kazumin (2015-09-06 06:48) 

U3

 わたしは常念岳を下から毎日1年9ヶ月も眺めていました。安曇野からです。麓から見る山と登ってみる山は全く違う風景だということは以前には山登りをしていたので知っていますが半月板を痛めてからは登っていません。
by U3 (2015-09-06 18:24) 

yopihio

ちぃさん。
池塘が好きなので火打山を選びました。天狗の庭周辺はとっても気持ちがいいです。
kazuminさん。
紅葉の時期も綺麗でしょうね。とっても人気がありそうです。
U3さん。
安曇野もいいところですね。自分もひざがあまり強くないので下山には特に気をつけています。


by yopihio (2015-09-06 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。