So-net無料ブログ作成
検索選択

野幌森林公園でクマゲラとの遭遇に感動! [北海道野鳥図鑑]

最近はブログの更新が滞り、しかもタイトルの記事もほとんど投稿していないという・・・
もうすでに初夏になってしまっていることを反省しつつも、今更ながらお正月の出来事を
記載しておこうと思います。

野幌森林公園は、札幌市・江別市・北広島市にまたがる約20平方kmの道立自然公園。
遊歩道も整備され、野鳥観察には格好の場所です。

野幌森林公園

年末年始は北海道に毎年帰省していますが、バードウォッチングはここ数年の楽しみの一つです。
今回のお目当てはクマゲラ。
東北の一部と北海道だけに生息する、日本に住む最大種のキツツキです。

今回は登満別口周辺を散策しました。
小雪と小雨が入り交じる中を、木々に目を凝らしながら進みます。

野幌森林公園
野幌森林公園では、アカゲラ・シジュウカラ・ヤマガラは良く見かけることができます。
しかし、漆黒の羽毛を身にまとうクマゲラはなかなか現れてくれません。
出かけても必ず見られるわけではないところが、逆に好奇心をかきたてられるわけです。

オオアカゲラ
  オオアカゲラ

ゴジュウカラ
  よく見かけます。ゴジュウカラ

コゲラ
  こちらもよく見かけますね。コゲラ

アカゲラ
  北海道では一番メジャーなキツツキ。アカゲラ

ヤマゲラ
 めったに見かけない緑色の羽が特徴のキツツキ、北海道にしか生息しないヤマゲラ。初めて撮影!

栗の木

栗の木
  立派なクリの木。縄文人はクリを主食としていたそうな。

2時間ほど散策し、今日はいないかとあきらめかけていた矢先のこと。
けたたましい鳴き声に振り返ると、黒い羽毛をまとった野鳥が優雅に木の幹に着木。

ついに現れた。クマゲラだ!

クマゲラ

枝に遮られないよう、よく見える位置に少しずつ近づきます。
彼は鳴き声を上げながら木の幹を移動し、幹を小突いてえさを探しているようです。
一定の距離を保ちながら観察していると、幹を移動し向こうからこちらに近づいてきました。

横顔は写真で良く目にしますが、真後ろから見ると顔は驚くほどスマートです。

IMGP6520.JPG
 キョトンとした愛くるしい表情をしています。

IMGP6507.JPG

何カ所かの幹に飛び移るも、彼はお目当てのものが見当たらなかったのか、最後はやってきた方向に向かって飛び立って行きました。

IMGP6524.JPG

IMGP6552.JPG

自分にとって初めてのクマゲラとの遭遇。
可愛らしい顔つきながらも王者の風格漂う佇まいに、息をひそめながらも大興奮。
ねばった甲斐がありました。

その後、車まで戻る途中、ハヤブサっぽい鳥にも遭遇。
図鑑でみるとハイタカでしょうかね。

ハイタカ

とても充実した野鳥観察デーになりました♩






■最近の足あと■
※マークをクリックすると拡大
Web Services by Yahoo! JAPAN


■スポンサード リンク■



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。