So-net無料ブログ作成
検索選択
北アルプス ブログトップ

白馬大池周辺の高山植物/白馬岳から小蓮華山、白馬大池を通り栂池高原へ② [北アルプス]

小蓮華山から白馬大池までの稜線上も、高山植物で彩られています。
ほんと色々咲いてますね。
名前が分かった一部を紹介します。

イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ.JPG

続きを読む


タグ:DA16-45mm K-5Ⅱs
nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

新潟県最高峰の小蓮華山(これんげさん)/白馬岳から小蓮華山、白馬大池を通り栂池高原へ① [北アルプス]

IMGP7073.JPG

今回日本百名山である白馬岳を登るだけでなく、もう一つ目標にしていた山がありました。
それが、小蓮華山(これんげさん)です。

IMGP6905.JPG

なぜこの山に登りたかったかと言うと、小蓮華山が新潟県の最高峰だからです。
実は、ひそかに都道府県の最高峰制覇を目指しているのであります。
登頂した山はまだまだ少ないですが、それでも百名山制覇よりは現実味がありそうかな、と。


ちなみに越後の方々は白馬岳のことを大蓮華山と呼んでいたみたいですね。

続きを読む


タグ:DA16-45mm K-5Ⅱs
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

日本最大級の山小屋、白馬山荘 / 猿倉から白馬大雪渓を超え白馬岳へ③ [北アルプス]

白馬岳稜線には、白馬岳頂上宿舎と白馬山荘があります。
白馬岳の山頂に近いほうが白馬山荘になります。

IMGP6685.JPG

IMGP6692.JPG

白馬山荘は、日本で最大の山小屋です。
収容人数はなんと800人!
ちょっと前の情報では1200人と記載されています。
小さくなったのか、個室対応で人数減らしたのかはわかりませんが、それでもすごい人数ですよね。

ちなみに白馬岳は(しろうまだけ)が正式名称。
しかし山小屋は(はくばさんそう)。

元々は雪形により山肌に残る岩肌が代掻き馬(シロカキウマ)に見えることから、それが短くなってシロウマになったとのこと。
その当て字が白馬となり、それが時代の流れでだんだんとハクバと呼ばれるようになったのだとか。
まあ、通じればどっちでもいいですね。



続きを読む


タグ:DA16-45mm K-5Ⅱs
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

高山植物のお花畑へ。/猿倉から大雪渓を通り白馬岳へ② [北アルプス]

白馬岳は花の種類が豊富なことでも有名です。
日本の高山植物のほとんどを見ることができるのだとか。

大雪渓を抜けると、登山道脇は緑で生い茂り、だんだん高山植物で彩られていきます。

IMGP6485.JPG

続きを読む


nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

白馬山荘から眺める白馬鑓ケ岳と杓子岳 [北アルプス]

8/13日
猿倉から大雪渓を通り、白馬岳に登ってきました。

この日の朝は快晴で、不安定な天候が続く中でとっても気持ちのよい貴重な一日でした。
山荘までの道のりは別途記載するとして、まずは数枚。

杓子岳と白馬鑓ケ岳

白馬山荘から眺めた杓子岳(中央左手前)と白馬鑓ケ岳(中央奥)です。
白馬岳と合わせて白馬三山と呼ばれています。
お昼からは雲ってましたが、夕方になるとだんだん雲が流れていき、くっきり綺麗な姿を表してくれました。

そして、一際存在感を放つ剣岳。

剣岳と丸山

白馬山荘から眺める剣岳

初めて実際に見る剣岳は、重々しく、気高く、畏敬の念を抱かせられる荘厳な山でありました。

登山記はまた後日。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
北アルプス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。